Diamond Carat

ダイヤモンドの価値を決める4Cの一つ「カラット(Carat)」とは宝石の重さの単位です。 1カラットは0.200グラムで普通はctで表記します。

当然ですが、カラットが大きく(つまりダイヤモンドが重く)なればダイヤモンドの大きさも大きくなり希少価値が上がります。しかし、ダイヤモンドとしての美しさ・輝き等は、カット、カラー、クラリティなども関係しますので、最終的な価値はトータルの美しさで評価されています。

有名な世界一大きいと言われるカットダイヤモンド「アフリカの星」(カリナンⅠ世)は530.20ct。イギリスのロンドン塔で見ることができます。

HOME