Diamond Cut

ダイヤモンドの価値を決める4Cの一つ「カット(Cut)」とは、ダイヤモンドをより美しく輝かせるための、光の屈折率を計算しながら施される研磨のことです。これは人間の加工技術に関する評価ですが、他の三つの指針に、たいへん大きな影響を与えます。

一般的にダイヤモンドと言われて思い浮かべる形の「ラウンド・ブリリアント・カット」に対して評価をします。Excellent(エクセレント)・VeryGood(ベリーグッド)・Good(グッド)・Fair(フェア)・Poor(プアー)の5段階を基本とします。Excellentの中でも、ハート&キューピット(H&C)の陰影が綺麗に映るものはExcellent(H&C)といい、高価値であるとされます。 さらにそれと併記される仕上げ(フィニッシュ)項目に、ポリッシュ(研磨状態)とシンメトリー(対称性)という項目があります。それぞれに対して評価があるのですが、そのどれもがExcellentであるものを特に3Excellent(トリプルエクセレント)といい、希少価値が非常に高いとされます。総合してカットに対して高評価は最高クラスが3Excellent(H&C)、最低クラスがPoorということになります。

HOME